冷えを取り血の巡りがよくなるといろいろな不調が改善される

冷えを取り血の巡りがよくなるといろいろな不調が改善される

西洋医学と東洋医学という区分があります。
東洋医学には、鍼灸治療や漢方があります。
一番の違いは、西洋医学では対症療法がメインの治療ですが、東洋医学では全身の状態をよくしていくことで人間の本来の力である自然治癒力を引き出すという考えに基づいています。
例えば咳や痰がひどいとして、西洋医学では咳止めや去痰薬を使いますが、東洋医学では血や気、水の滞りを改善して全身に新鮮な血液をめぐらせることで起こっている症状を改善します。
血と水の滞りというのは、体内に冷たく古い血液が残っている於血状態やむくみを指します。
女性は毎月の生理で経血を排出しますが、生理がスムースでないと於血となり、PMSあるいは月経前症候群と言ってイライラしたり憂鬱、腰痛や頭痛などいろいろな不快症状に見舞われてしまいます。
PMS緩和対策・解消術では、多くの女性が多かれ少なかれ悩む月経前症候群の起こる原因や対策についてとてもわかりやすくまとめています。
於血状態の人では体が冷えているために血液は冷たくなって滞っています。
体を冷やさないためにできることの第一は、冷たい飲み物を控えることで、解消術でも勧めています。
またヨガやストレッチを続けるのも効果的です。
運動や食生活を工夫しながら、体質に合った漢方やサプリメントを取り入れるのもお勧めです。
PMS対策でも、血の滞りの事に触れています。
漢方で体が温まり末端まで新鮮な血液が届くようになると気持ちも前向きになれますし、骨盤周辺の冷えで取れることで月経前症候群の嫌な症状も減っていきます。
PMS(月経前症候群)対策、緩和改善~漢方ハーブ解消術