不動産担保貸付による事業資金調達

不動産担保貸付による事業資金調達

不動産担保で貸付をしてもらう資金調達をしてもらう方法があります。
不動産担保貸付というのは、手元に持っている不動産を担保にして、不動産に見合う金額を借入してもらえるというものです。
なにか不動産を持っていないと融資はしてもらえません。
不動産を担保にしますので、多額の資金を調達することが可能です。
不動産担保ローンは、銀行でも受け付けていますが審査が、意外に厳しく不動産の評価額の約80%程度の資金を融資してもらえます。
貸し手としても、不動産を担保にしていますので、かしどれの心配もなく万が一支払いができなくなった時でも、担保にしている不動産をもらって売却すれば、貸し付けたお金を回収できます。
借り手としても、不動産を担保にしていますので、無担保の借り入れよりも金利が安く設定されますので、返済額が少なくてすみます。
さらに、多額の借り入れができるので事業資金としても長期的な展開を計算することができます。
不動産担保融資の場合は、このように貸し手と借りての両方にメリットが多く、非常に便利な融資制度です。
ただ、借り手にとっては支払いができなくなった場合は、担保にしている不動産は取られるというデメリットもあります。