ブロックチェーンとは何か?

ブロックチェーンとは何か?

ビットコインを成立させている重要なシステムにブロックチェーンと呼ばれるものがあります。
ブロックチェーンとはブロックのつながったものという意味です。
ではブロックとは何かというと元帳のようなもので、ブロックの中には誰がいつどのくらいのBTCを誰に送ったのかといった情報がすべて記録されているのです。
なぜこのようなブロックチェーンが必要なのかというと、ビットコインはリアル通貨でいうところの中央銀行のような期間が存在しないために管理は利用者全員で監視しあうことで成立しているからです。
もし、ブロックチェーンがないと誰がどのくらいのコインを所有しているか分かりませんので、不正につながる可能性が出てきてしまします。
たとえば100BTCしか所有していない人が200BTCの商品を購入した時に「私は200BTCを間違いなく支払った」と主張されてしまえば、それを確認する手段がなくなってしまいます。
しかし、ブロックチェーンを見ればすべての取引履歴がデータとして残っているので、その取り引きが不正であることを証明できるということになるのです。
このブロックチェーンへの書き込みはユーザーが専用のコンピューターソフトを使って行いますが、ビットコインはその報酬として一定のコインを与えます。
これによってユーザーが積極的にブロックチェーンへの関与を行うようになるので、ブロックチェーンがいつも最新の状態で利用できることにも繋がるのです。
CoinPortal | ビットコイン情報サイト