自分の歯で気になることが出たら、まずはチェック

自分の歯で気になることが出たら、まずはチェック

自分の歯が、なんとなく不正咬合していると思ったら、横浜にある矯正歯科医のホームページに、不正咬合自己分析表がありますので、こちらにチェックを入れてみてください。
置く場で噛んだときに、上下の歯がかみ合わない、かみ合わせたときに上の前歯がふさがって歯茎が見えなかった地、前歯の真ん中がずれて居たり、歯並びに隙間やデコボコしていたり、出っ歯であったちとしたら、一度診察を受けた方が良いかもしれません。
それ以外にも、生えてこない歯がある、口を知らぬ間にぽかんと開いたままであったり、顎がないことや、発音しにくい音があったり、食べ物が良く噛めないといったものがあるのであれば、矯正の必要があるかもしれません。
歯並びを良くすれば、虫歯にもなりづらくなりますし、何と言ってもその人の顔の印象が良くなります。
また歯並びが悪いと、顎関節症になりやすいので、それも気を付けた方が良いでしょう。
柔かいものを食べてばかりいたり、かみ合わせが悪いために、子どもの頃から顎の関節を鍛えていないために、顎関節症にもなりやすくなってしまうのです。
口が開かなくなったり、顎の痛みや音があると要注意です。
歯の矯正には、それを予防する効果もあります。