バナジウムの含まれた天然水のウォーターサーバーは糖尿病予防に役立つ

バナジウムの含まれた天然水のウォーターサーバーは糖尿病予防に役立つ

予備軍を含め国内で数千万もの患者がいるとされている糖尿病ですが、最近になってこの病気の予防にバナジウムが役立つ可能性があることが分かってきました。
この成分は、ロシアの研究グループによってインシュリンと同じ働きをすることが発見され、以降糖尿病治療に役立てるための研究が世界中で進められています。
バナジウムは玄武岩の多い地盤からわき出る地下水に特に多く含まれていることが判明しており、その中でも特に富士山の地下からわき出る水には特に多く含まれています。
60代の糖尿病患者の男性が富士山からの伏流水を1日500ミリリットル、2週間飲み続けたところ、飲み始める前は200以上あった血糖値が110~120程度に収まるようになったという調査結果もあります。
バナジウムの含まれた水は食後急激に血糖値が上がるのを抑えてくれるため、体重を減らしたい人にも効果が期待できます。
現在こういった水はペットボトルでも販売されていますが、毎日飲むことを考えるとコスト面でウォーターサーバーが有利です。
この水をウォーターサーバーで毎日飲んでいますと血液もサラサラな状態に保てますので、血糖値上昇の危険性を大幅に少なくすることが可能になります。